顎関節外科診療のご案内

瀬上 夏樹 

歯科医師・医学博士・
日本口腔外科学会専門医および指導医
Natsuki Segami,DDS,PhD

わたくしは、過去40年間に顎口腔外科医、顎関節外科医として専門的診療を行ってまいりました。そこで、慢性、難治性の顎関節症状に苦しんでおられる患者さん、ご家族、また難治症例の治療方針でお困りの医療施設がおありでしたら、是非とも当方までご相談頂ければ幸甚に存じます。

なおコンセプトとして、顎関節部の痛みと開口障害を主体とする、いわゆる顎関節症に対する先端医療のみではなく、腫瘍外科、顎矯正外科、唾液腺外科、頭蓋底外科などのノウハウを駆使した「包括的 顎関節外科」として幅広いフィールドでの顎関節診療を目指して取組んでおります。

 目標は、「無くそうあご関節難民!」であります。

背景

古くより顎関節外科は、口腔外科診療の中で、腫瘍、顎変形症、歯科インプラントなどと並び大きな柱の一つを担ってきました。ところが、過去10数年の間に何故か低調となり、その結果、患者さんが公正な診療、とくに外科治療を含む標準的専門診療が受けられず顎関節難民となりさまよっておられる事態に陥っております。

診療方針

歯科医師免許取得後の40年余、一貫して医科大学口腔外科に所属し、口腔外科医として顎外科の診療研究に取組んできました。とくに顎関節疾患には特化して患者さんのため、専門診療の発達のために注力しております。その結果、パンピング、関節洗浄を含む関節外科の経験数は2,000例を超え、国内外で最多数を誇るひとりと自負しております。従って、困難例、難治症例にも数多く対応して参りました。

わたくしのポリシーは、①患者さん本位のベストの治療方針を選択すること、②不要あるいは適応外の外科療法は行わないこと、③高度かつ最先端の保存、外科療法を提供すること、であります。

現在、常勤業務はリタイアしましたが、今後はフリーランスとして先端診療の実践およびご指導について、微力ながら患者さんの顎関節医療に貢献させて頂く所存です。

診療についての詳細は、こちらページをご覧ください。